【京都市右京区 準強制性交事件】犯人の名前や顔画像は?職業はコンビニの店員か?

スポンサーリンク

こんにちは!ゆたかです!

今回は【京都市右京区 準強制性交事件】犯人の名前や顔画像は?職業はコンビニの店員か?を取り上げます。

コンビニエンスストアの店員がデリヘルの店長を名乗り女性に不適切な行動をしていたということで逮捕されました。

目次

犯人の名前や顔画像は?

逮捕されたのは志賀匠容疑者で年齢が27歳ということです。

志賀匠容疑者はコンビニの店員ということですがどうしてこのような行動を取ったのでしょうか。

志賀匠容疑者はデリバリーヘルスの店長を装って女性を京都まで呼びつけ、「店長講習」と称してタダで抜かせ、ホテル代まで支払わせてドロンしていた。

更に被害者の女性の年齢が46歳だったということもネット上では話題になっているようです。

志賀匠容疑者のFacebookでのSNS等の顔画像はあるリサーチしました。

女性とはSNSで連絡を取り合っていたようです。

しかし、今回逮捕された京都府のコンビニ店員と思われるようなアカウントは特定できませんでした。

今後事件が起訴されるなどして志賀容疑者の顔写真などが報道される可能性もあります。

容疑内容

志賀容疑者は3月22日の夕方、大阪市に住む面識のない女性にDMでこうメッセージを送信した。

女性が「働いてみたいです」と返すと女性に写真を送らせ容姿を確認。

「面接をしますので、京都まで来て下さい。〇〇ホテルを予約して、そこで待っていて下さい」と伝え、女性に中京区のビジネスホテルを予約させた。

午後10時ごろ、「買い物に行ってくるわ」と、立ち去ろうとする志賀容疑者に対し、女性が「ホテル代も私が払わなアカンなんて、そんなん困るわ」と文句を言うと、「今から客を取ろうか?
 客のことは後で考えるから、ちょっとここで待っといて」と言い残したまま、戻ってこなかった。

出典:日刊ゲンダイ

なかなか巧妙な手口です…

「女性は無職だったため、何とかして仕事を見つけたかった。

志賀容疑者の要求を断ると仕事に就けないと思い、仕方なく応じてしまったそうです。

抗拒不能に乗じて性的暴行を加えたことから、準強制性交容疑となった。

成功体験があったのか、他にも同じような手口で被害に遭った女性がいるとみて、調べを進めている」(捜査事情通)

まとめ

自らの性欲を満たすため、不安を抱く女性の心理に付け込むとは、やることがクズ過ぎる。

まずは太宰治の人間失格を読むべきだ!

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる